2012年11月12日

鶏の燻製

三連続での燻製記事になりますが、昨晩のおかずに出てきた鶏の胸肉の燻製が美味しかったので思わず掲載。

鶏の胸肉の燻製

燻製にすると皮が硬くなって食べづらかったのですが、薄切りにすることで食べやすくなりました。

調味料はさんしょうの粉を少々。
ソースなどの味付けは一切なしで、燻製の香りを楽しむのがおすすめ。

余分な脂はじっくりと燻製する間に流れ出ているので、かなりヘルシーだと思います。
真空パックにして100g当たり300円で販売予定。

鶏の胸肉の燻製パック表面

写真の鶏肉で150gでした。

裏面には網跡が残ってます。

鶏の胸肉の燻製パック裏面

網跡にそって包丁を入れれば切りやすく、大きさもちょうどいい感じです。

今年のクリスマスはフライドチキンよりもスモークチキンでしょう!
posted by まるきゅう at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 燻製部屋

2012年10月19日

高知新聞の特集記事

今日付けの高知新聞の朝刊に当店の社長の記事が掲載されました。
ほぼ一面を使った大きな記事になっていてびっくり。
といっても本業の宗田節製造についてではなく、副業の各種燻製品がメインです。

高知新聞の特集記事

大きな画像でアップしたので、写真をダブルクリックして拡大すると文字も読めます。
以前ブログでも紹介したタコイノシシの燻製が写真付きで掲載されています。

残念ながらタコとイノシシの燻製は数量が少なく一般販売はしておりませんが、メヂカとフカ(サメ)の燻製はそれぞれめぢか一番火節ふか君じゃきとして土佐清水市内の物産店や当ホームページでもお買い求めいただけます。

記事を読んで燻製に興味を持った方はぜひご賞味ください。
百聞は一食にしかず!?
posted by まるきゅう at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事

2012年10月14日

変わりダネ燻製

食欲の秋ということで、朝晩寒くなり野山に様々な実が熟してくる頃になってきました。

高知県と言えばカツオをはじめとした海の幸を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実は森林率が84%もあり全国一となっています。
足摺岬が典型的ですが、海があり岸側に少し浜や岩場があるだけですぐ後ろは山になっているといった地形が多いです。

ここ中浜でもそういった地形を利用してたくさんの畑がつくられており、一家にひとつ、いやふたつは畑があると言っても過言ではありません。
そんな中、畑を耕す人に一番嫌われている動物がこの鍋の中で煮られています。

イノシシなべ

答えはイノシシ。
全国的にも被害にあっている地域が多いようですが、中浜でも厳重に囲いをしても破られ畑を荒らされるといったことが続き、数年前からはオリを仕掛けてイノシシを捕獲しています。

そのイノシシをうまく調理できないかと考え出されたのが燻製です。
グツグツと煮ること半日、タキナヤで燻製すること二日。

イノシシの燻製

臭みも無く、噛めば噛むほど味がでる絶品に仕上がります。
山鯨とも呼ばれるイノシシの肉は、丹精込めて育てた畑の作物を荒らされた中浜の人への形を変えた収穫物となっています。
posted by まるきゅう at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 燻製部屋

2012年09月29日

販売店紹介その3“足摺黒潮市場”

台風17号がまたも沖縄上陸。
四国沖を通過して本州にも再上陸するようで、大雨と強風に警戒が必要です。

このところブログ更新の度に台風が来ている感じですが、台風が接近しているときは仕事ができないためブログを更新する時間が取れるからという理由もあります。

さて今回で3回目になる販売店舗の紹介は、土佐清水市の鹿島神社近くにある
“足摺黒潮市場”です。

足摺黒潮市場の外観

天気の良い時には、写真のように大漁旗がはためいています。
大型バスが10台まで駐車できるスペースがあり、店舗内には鮮魚から地場産品をはじめ、レストランまで併設されています。

店内の商品売り場

今回写真を撮影させていただいたときには、当店の商品はレジ横の特産品コーナーに陳列されていました。

これからの観光シーズンも大盛況間違いなしの足摺黒潮市場のご紹介でした。
posted by まるきゅう at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売店紹介

2012年09月13日

ブログdeレシピ第五回「焼きパプリカの宗田削り節がけ」

台風16号が勢力を強め、またも沖縄へ・・・
今年は沖縄が当たり年のようで、現地の人は大変だと思います。

さて、ここ土佐清水市では笹目近の漁で連日以布利・窪津両大敷がにぎわってます。
大敷(網)というのは沿岸近くに仕掛ける定置網のことで、毎年秋口になると笹目近がかかるようになります。
濃厚なダシの出る宗田節のなかでもひときわ濃厚な笹目近は、寒目近と並ぶ土佐清水の宝物です。

今日ご紹介するレシピは、焼きパプリカの宗田削り節がけ!
我が家でも登場回数の多い定番メニューです。

焼きパプリカの宗田削り節がけ

材料(一人分)
パプリカ 1〜2個、削り節 適量、ゴマ 少々、しょうゆ 適量

1.パプリカを半分に切り、タネを取り除く

2.中火のグリルで両面を焼く

3.皮をむき、細切りにして削り節(とゴマ)をかけ、サッとしょうゆを垂らす

ポイント
電子レンジのオーブンなどでも焼けますが、グリルなどの直火で焼くことで香ばしさが出ます。
パプリカの皮をむくことで柔らかくなり食べやすくなりますが、歯ごたえがあるのが好みの方はむかなくても結構です。

写真では見栄え上、削り節少な目でしょうゆもかけていませんが実際に食べるときにはかけてみて下さい。
不思議なほど美味しくなる組み合わせです。
posted by まるきゅう at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログdeレシピ

2012年08月27日

最強台風15号

地球温暖化の影響か、勢力が衰えないまま日本に接近・上陸する台風が多くなってきたように思います。

そんな中でも今回の台風15号は「最強台風」と呼ばれるほど勢力が大きく、沖縄通過時の中心気圧は910ヘクトパスカル、最大瞬間風速は70メートルというとんでもない台風でした。

ここ土佐清水市は強風域にもかかっていなかったのですが、時折強い風が吹きいつもは穏やかな中浜漁港もご覧の様子。

台風15号接近中の中浜漁港

大陸に向かったと思っていた台風14号まで九州に接近するようで予断を許さない状況が続きます。
台風に対する備えと警戒を怠らず、被害が大きくならないことを祈るばかりです。

このファイルは今回の台風15号に関して沖縄気象台が注意を呼びかけたものです)
posted by まるきゅう at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年08月13日

高知新聞の記事

最近の高知新聞に、メヂカの記事がふたつ掲載されていました。

高知新聞の記事

ひとつは生まれたての小さなメヂカ「新子」の記事です。
土佐清水では笹の葉に似ているということで笹目近とも呼ばれています。

もともとメヂカは鮮度の落ちやすい魚で生食に向かないために宗田節に加工されることが多いのですが、この時期須崎では刺身で食べられています。
まだ私も食べたことはありませんが、もちもちとした食感で美味しいようです。

もうひとつはメヂカの魚粉を肥料にしてつくった米「あしずり黒潮米」の記事です。
魚粉はメヂカを節に整形するときに不要で捨てられる頭・内臓・中骨・ヒレの部分を乾燥して粉砕したもので、地元ではメヂカを煮た後の作業で出てくるためにニカスと呼ばれています。

作物全般に効果があるようですが、特に根菜類には良く効くようで大きく美味しく育ちます。
ただ、においもするので畑を荒らす猪には要注意!
それを逆手にとって、地元では猪を捕獲するオリに使ったりもしています。

メヂカの魚粉に興味がある方は土佐清水鰹節水産加工協同組合までぜひご連絡を!
posted by まるきゅう at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事

2012年07月21日

販売店紹介その2“えぶりでぃキッチン”

第2回目の販売店舗紹介は、まさに土佐清水市民の台所“えぶりでぃキッチン”です。

土佐清水市のメインストリート、中央町の一角にありいつも人で賑わっています。

えぶりでぃキッチンの外観

(写真を撮った時はちょうど七夕できれいに飾り付けしていました)

生産者がその日に採れたものを持ち込んで“えぶりでぃキッチン”内の棚に並べる直販所方式なので、商品は新鮮かつお買い得!

店内の商品売り場

当店の商品も店内なかほどでお買い得価格で売ってます。

季節の旬のものを味わいたいなら、土佐清水市民ならずとも立ち寄ってみたいお店です。
posted by まるきゅう at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売店紹介

2012年07月07日

ブログdeレシピ第四回「そうめん」

今年は台風4号5号の連続襲来もあり例年以上に梅雨が激しくなっていますが、ときおりのぞく太陽はジリジリと熱く夏はすぐそこまで来ていると感じさせられます。

今回はそんな暑い夏に出番が多くなりそうな「そうめん」をご紹介します。
(正確にはそうめんのツユのレシピです)

そうめんのツユ

材料
削り節25g、しょうゆ:大さじ3、塩:小さじ1、しいたけ2〜3枚、タマネギ1/4、(みりん:小さじ1)

1.水1ℓを沸騰させ、沸騰したら削り節25gを入れて煮たてないように弱火にして3〜4分待ちます

2.削り節を取り出し、細く切ったしいたけとタマネギを入れ弱火で煮ます
(出汁を取った後の削り節は水を切り天日干ししてつくだ煮や和え物に使えます)

3.各ご家庭でお使いのしょうゆや食塩によって濃さが違うので味を見て自分好みに調整します
(レシピでは濃い口しょうゆと天日塩を使用しています)

ポイント
ツユは冷ますと味がうすくなります
しいたけとタマネギから甘みがでるのでみりんはなくてもかまいません

そうめんもツユもどんどんおかわりして暑い夏を乗り切ろう!

そうめん
posted by まるきゅう at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログdeレシピ

2012年06月26日

宗田かつおのペットフード

本日、26日付の高知新聞に「(足摺沖一本釣り)宗田かつお」が掲載されました。

宗田かつおのペットフード

ペットライブラリー株式会社が販売者ですが、製造元は当社で中身は100%土佐清水産の笹目近を使用しています。

記事にもある通り笹目近を煮て燻製にしただけのシンプルな食品(骨はほぼ取り除いています)ですが、鼻の利くワンちゃんにはアピール力抜群! 
我が家で飼っていた愛犬ジョンも大好きでよくポリポリ、ガリガリと噛み砕いていました。
(写真の犬は宗田かつおを頬張る親戚の飼っているジンです)

宗田かつおにかじりつくジン

ペットショップやホームセンターにて販売していますので興味のある方はぜひ一度お試しください。
posted by まるきゅう at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事