2013年08月05日

第52回あしずり祭

今年も例年通り、8月の最初の週末にあしずりまつりが行われました。

あしずり祭の会場

最近は花火大会だけ見るという年が続いていましたが、今年は来年出店するかもしれないということで清水のおきゃくにも参加してきました。

清水のおきゃくというのは、花火大会の前日に夕方から夜にかけて中央商店街を会場に、出店やイベントを行っているものです。

土佐清水市に店を構える会社がそれぞれ、清水にゆかりのある食品を提供していました。

タッチの出店

みやむらストアーの出店

いつもは店に行かないと食べられない料理やここでしか食べられない料理も、一品300〜400円で売られていました。

イベント会場では、ダンスや演奏、そしてメインイベントの皿鉢料理早食い競争が行われていました。

ベリーダンス

フォークソング

皿鉢料理早食い競争

「皿鉢料理」「早食い競争」と豪快なイメージのするイベントでしたが、見た感じは地味。
皿鉢料理にはエビやカニ、貝など早食いとは相性の悪そうな食材も多いので仕方なかったかもしれません。
予算的に難しいかもしれませんが、モニターなどで会場以外でも見られると面白ろそうに思いました。

後片付け

最後まで楽しませていただいた実行委員の皆様おつかれさまでした。


翌日の夜8時からの花火大会。

あまり他の場所の花火大会を見たこともないですが、清水の花火大会はスゴイ!

花火大会

近場であがる大玉はずっと見ていると首が痛くなるほど大きく、数も9100発とかなりのもの。
特にラストの1分間くらいはこれでもかと花火があがりまくり、夜空が金色に輝きます。

花火大会フィナーレ

終わった後は、自然と見物客みんなが拍手を送るのも納得です。

年々、見物客も増えているようで今日の新聞発表では4万5千人もいたとか。
土佐清水市の人口が1万5千人くらいなので倍以上の見物客が来たことになります。

去年は後半かなりの豪雨にあいましたが、今年は晴天で最高でした。
また来年!
posted by まるきゅう at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 土佐清水市のイベント

2013年07月17日

飲食店紹介その1“umihiko's playground”

販売店紹介の関連で、新たなシリーズとして当店の商品をご利用いただいている土佐清水市内の飲食店の紹介をしたいと思います。

栄えある第一回目はプライベートでもお世話になっている大岐の真ん中の駐車場にある「うみひこ」です。

うみひこの建物

今年でちょうど開店から10年目を迎え、写真左側の家屋部分もリフォーム。

うみひこのリフォーム部分

解放感はそのままに、雨の日でも使用できるようになってます。

経営者の岩田夫妻はともに元プロサーファー。
サーフィンスクールも開催しており、これからの夏シーズンは大忙しです。

B級グルメでも有名なペラ焼きをはじめ、土佐清水市は知る人ぞ知る粉物の激戦区。
その中で10年もしっかりと地域に密着して営業を続けているのは、岩田夫妻の和やかな人柄はもちろん、確かな味。
地元の食材を中心に使うことにこだわっています。

うみひこのお好み焼き

写真のお好み焼きのミックスモダンにもふりかけている、当店の宗田節もうみひこの味に一役かっています。
(お味噌汁やお好み焼きの生地にも宗田節をご使用いただいてます)

個人的なおすすめメニューはお好み焼きですが、焼きそばや日替わりメニューも絶品。
サーファーはもちろん、地元住民の方などリピーターが多いのも納得です。

大岐の浜

白砂のきれいな大岐の浜にピッタリの素敵なお店、「うみひこ」でぜひお召し上がりください。
posted by まるきゅう at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売店紹介

2013年06月29日

メール便はじめました!

お客様からご要望をいただいておりましたメール便での発送を開始いたしました。

メール便のイメージ写真

メール便サービスをしている会社はいくつかありますが、当店ではクロネコメール便でのお取り扱いとなります。

メール便とはなんぞや?宅配便とはどう違うの?というお客様のために簡単に説明すると、

1.配達は手渡しするのではなく、ポスト投函にて完了となります。
  通常の手紙などの郵便物と同じ扱いなのでメール便という名称なのでしょう。
  ただ、宅配便のように到着の目安がわかる荷物お問い合わせシステムが利用できるので便利です。

2.お取り扱いできるサイズはA4サイズ(角2封筒=縦:33.2cm・横:24cm以内)のサイズとなります。
  そして、重要なのは厚さが2cm以内と決められていること!
  このため当店で販売中の商品では、土佐宗田節(粉末)宗田節ふか君じゃきの3商品、合わせて4袋まで1つのメール便で送品可能となっております。
  ※5〜8袋ご購入のお客様はメール便の数量が2つ必要です。 

3.そしてなんといっても全国一律料金80円という安さ!
  (通常は160円ですが、当店は法人契約のため80円で提供できます)

これまで遠方で商品代金に比べて送料が高すぎてちょっと・・・と購入をためらっていた方や、気軽に1袋試してみたいといった方も購入しやすくなりました。

ショッピングカートの計算上、メール便対応商品とメール便を同時購入された方にも宅配便の送料が加算されますが、こちらで送料分は無料とさせていただきますのでご安心ください

メール便の配達イメージ写真

メール便の商品はご覧のように、横にすると通常サイズの郵便受けであればスッポリと収まるサイズです。

また、お支払いはポスト投函ということで代金引換はできず、銀行振込もしくは郵便振替となります。

お客様が郵便局の口座をお持ちであれば、当店の郵便局の口座までATMを使用すると手数料が無料で送金できてお得です!
窓口での送金も140円と銀行振込よりはお得なようです。

この機会にぜひメール便にて対応の3商品をご注文下さいませ!
posted by まるきゅう at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新谷商店の商品

2013年06月24日

梅雨目近にあるもの

梅雨に入り、雨の日が多くなってきました。
以前、うすごろ(めぢかの心臓)を珍味として紹介しましたが、今のめぢかにはこの時期にしかないものがあります。

ヒントは作業がしやすいように、腹を切って煮熟したこの写真に映っています。

煮熟後の梅雨目近

まだ大体のめぢかにどちらかが入っていますね。
答えはコレ!

梅雨目近の卵

卵です。

梅雨目近の白子

もちろん白子もあります。

この時期に獲れるめぢかは梅雨目近と言って、産卵前後で大型ですが少し脂が落ちてきています。
産卵が終わると夏の間は獲れなくなり、秋口の笹目近まで休漁期となります。
「宗田節大集合!」参照

宗田節は脂が少ない方が良い宗田節ができますが、産卵を終えためぢかは痩せすぎて良い宗田節にはなりません。
今日のように卵や白子が大きすぎても、宗田節となる身の部分が減るために歩留まり(生の状態を1とした宗田節となる割合)は悪くなります。

卵や白子は美味しいですけどね。
ちなみに、卵の方は少し粒を感じるポクポクとした食感で、白子はまったりと濃厚な味がします。
コレステロールが高そうなので食べ過ぎ注意な逸品です。
posted by まるきゅう at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗田節

2013年06月08日

○○の燻製

久しぶりとなる燻製日記。

これまでの4つの記事はどれも魚・肉関連でしたが、実はそれ以外にも今までいろいろと燻製にしてきています。
今回は5月に収穫したあるものをアルミホイルで包んで燻製にしてみました。

○○の燻製現場

中身はコレ!

タマネギの燻製

タマネギです。
少しバターを入れ、じっくり1日以上燻製にしました。

タマネギの燻製の盛り付け

溶けたバターと、それ以上のタマネギからでた水分でまるでスープのようです。
味はタマネギ本来の甘みが増幅され、しんなりとした食感に燻製のにおいが漂いなかなかのものでした。

削り節がけタマネギの燻製

こうやって削り節をかけるとなんだかたこ焼きのように見えますね。
大きさは握りこぶしくらいありますが。

バター風味に飽きてきたら、削り節にしょうゆを垂らしてみても美味しくいただけました。
好みでゆずなどかけても美味しそうです。

燻製の可能性が広がる一品でした。
posted by まるきゅう at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 燻製部屋

2013年05月24日

しょうゆだし用宗田節

あさイチ放送で宗田節を多くの方に知っていただき、たくさんのご注文もいただきまして誠にありがとうございました。
ご質問を多くいただきましたしょうゆだし用宗田節の使用法についてQ&A形式でお答えいたします。

Q.瓶入りの商品は販売してないのですか?
A.当店の商品はご家庭でお使いの醤油差しに入れるタイプとなっており、入れやすいよう短めにカットしております。
 
Q.醤油に入れてどのくらいの期間使用できますか?
A.醤油を使う頻度にもよりますが三か月から半年くらいの間、だしが出ます。
  取り替える目安は宗田節が柔らかくなったときです。(黒から茶色に色が薄くなります)
  取り替えた後の宗田節も捨てずに煮物などの鍋に入れていただくと、浸み込んだ醤油が良い味付けになります。 

Q.醤油に入れる宗田節の分量はいくらですか?
A.一袋20g入りで約2リットル分です。
  一般的な醤油差しであれば2切れ程度で十分だしが出ます。

これから暑くなってまいりますので、カビの発生や小虫の混入などには十分ご注意ください。
醤油をこまめに継ぎ足して宗田節を露出させないことがカビの抑制になります。
ご心配な方は冷蔵庫に保管していただくと安心です。

宗田節のあふれる栄養で暑い夏をのりきりましょう!
posted by まるきゅう at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 新谷商店の商品

2013年04月13日

第49回産地入札会

今年も例年通り本日4月13日に第49回産地入札会が開かれました。

入札会への道

産地入札会の会場となる組合の工場までの道には賑やかにのぼりがはためいていました。

入札会前の品定め

入札前に品定めをする業者の方々。
こちらは組合員13軒が1つずつ出し合った特別出品枠5個口(1個20kg入り)の出品です。

入札会前の品定め

通常の出品枠は見本の箱が1つずつ並べられています。

今年は不漁の影響で過去最低を更新する出品個数1649個と寂しい数字となりましたが、それにも関わらず全国から25社34人の業者が来てくれました。

速報値ですが落札金額は合計3586万円、平均値は1089円となり全国から宗田節が求められている、宗田節の必要性を感じさせてくれました。

出品個数が少なくあっという間に終了した今年の産地入札会でしたが、かけつけてくれた宗田ぶっしー君も一緒に三本締めをしてお開きとなりました。

三本締め

遠く土佐清水市まで来ていただいた業者の方々、誠にありがとうございました。
この産地入札会が存続していくためにも、今以上に加工業者の奮起が必要だと感じています。
posted by まるきゅう at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 土佐清水市のイベント

2013年04月11日

「あさイチ」放送!

今朝、NHKの「あさイチ」にて当店の宗田節製造の様子が放送されました。

宗田節の製造現場

その中で紹介されていた出汁醤油。
当店ではご自宅の醤油差しに入れるだけの「宗田節」をご用意しています。
お好みの醤油に入れるだけでいつもの醤油が宗田節の風味豊かなコクのある醤油に生まれ変わります。

宗田節

ユージさんにも大絶賛いただいた定番商品「宗田節の薄削り」のほうもよろしくお願いいたします。

宗田節の削り

まだ宗田節に馴染みのない方に向けて、簡単ではありますが「レシピ集」もご覧ください。

今回の「あさイチ」で初めて土佐清水のこと、宗田節のことを知った方が多いと思います。
なかなか土佐清水まで行けない…、という方がほとんどですので是非この機会に土佐清水を感じる宗田節をお試しください。
posted by まるきゅう at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ局の取材

2013年04月05日

NHK「あさイチ」の取材

先月末、NHKの「あさイチ」という番組の取材を受けました。

つい先だってNHKの取材というブログを書きましたが、今度は全国放送!
しかも“JAPA”なびという一時間近い特集で土佐清水市がとりあげられることになり、その一環で出させていただくことになりました。

今回は以前も取材に来られたNHK高知放送局のスタッフの方々に加え、アナウンサーの塩澤さんとタレントのユージさんも来られて番組を盛り上げていました。

タキナヤの煙に驚くユージさん

写真はタキナヤの煙に驚くユージさん。
慣れない当店の社長の説明とは裏腹に、さすがタレントだな〜と思わせる視聴者の側に立ったコメントをされていました。

天候不順や近所の子供たちの野次馬にもめげずに撮影されたNHKのスタッフの方々もお疲れ様でした。

興味のある方はぜひ、4月11日(木)午前8時15分〜9時54分放送の「あさイチ」をご覧ください!
posted by まるきゅう at 16:34| Comment(6) | TrackBack(0) | テレビ局の取材

2013年03月27日

ボサの話

土佐清水市を訪れた人は道端に積まれた薪を見たことがあるかもしれません。

ボサはえ

薪というには大きい長さ60cm程に切りそろえられた木は、地元ではボサと呼ばれ宗田節の燻製には欠かせないものです。

ボサには桜やウバメガシなど地元の山に自生する広葉樹が使われます。

宗田節造りの技術は燻製の技術と言っても過言ではないほど重要な工程を担うボサ。

燻製室

1回でこれだけの量を燃やし、それを一晩に4回。
写真撮影で裏の窓を開けているため、少なめになっている煙でもこの量です。

中央の金網が1階部分ですが、通常は使用せず上部の2階部分からセイロ取りをしためぢかを入れ、日を追うごとに3階、4階と上げていきます。

時期によって違いはあるものの、宗田節が完成するまでには火を焚き続けて一週間ほどかかります。

土佐清水市では年中この燻製の煙があがっているため、旅行客が間違えて消防署に通報したという笑い話まであるほどです。

実は一枚目の写真でも当店の節納屋からの煙が見えています。
少し坂を下ってアップに写した写真がコチラ。

節納屋からの煙

この煙を見ても間違えて通報しないように!
posted by まるきゅう at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗田節造り