2014年05月08日

レシピブック紹介されました

今朝の高知新聞に以前のブログでも紹介したレシピブックが掲載されました。

レシピブックの記事

さっそく記事を見てご連絡いただいた方や、市内在住で当店までお越しいただいた方もいます。

削り節と聞くと手間がかかりそうと敬遠される方もいるかもしれませんが、レシピブックを見て料理を作ってみようと思われる方が増えれば嬉しく思います。

ひと手間かける以上のおいしさが伝わるはず!
posted by まるきゅう at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事

2012年10月19日

高知新聞の特集記事

今日付けの高知新聞の朝刊に当店の社長の記事が掲載されました。
ほぼ一面を使った大きな記事になっていてびっくり。
といっても本業の宗田節製造についてではなく、副業の各種燻製品がメインです。

高知新聞の特集記事

大きな画像でアップしたので、写真をダブルクリックして拡大すると文字も読めます。
以前ブログでも紹介したタコイノシシの燻製が写真付きで掲載されています。

残念ながらタコとイノシシの燻製は数量が少なく一般販売はしておりませんが、メヂカとフカ(サメ)の燻製はそれぞれめぢか一番火節ふか君じゃきとして土佐清水市内の物産店や当ホームページでもお買い求めいただけます。

記事を読んで燻製に興味を持った方はぜひご賞味ください。
百聞は一食にしかず!?
posted by まるきゅう at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事

2012年08月13日

高知新聞の記事

最近の高知新聞に、メヂカの記事がふたつ掲載されていました。

高知新聞の記事

ひとつは生まれたての小さなメヂカ「新子」の記事です。
土佐清水では笹の葉に似ているということで笹目近とも呼ばれています。

もともとメヂカは鮮度の落ちやすい魚で生食に向かないために宗田節に加工されることが多いのですが、この時期須崎では刺身で食べられています。
まだ私も食べたことはありませんが、もちもちとした食感で美味しいようです。

もうひとつはメヂカの魚粉を肥料にしてつくった米「あしずり黒潮米」の記事です。
魚粉はメヂカを節に整形するときに不要で捨てられる頭・内臓・中骨・ヒレの部分を乾燥して粉砕したもので、地元ではメヂカを煮た後の作業で出てくるためにニカスと呼ばれています。

作物全般に効果があるようですが、特に根菜類には良く効くようで大きく美味しく育ちます。
ただ、においもするので畑を荒らす猪には要注意!
それを逆手にとって、地元では猪を捕獲するオリに使ったりもしています。

メヂカの魚粉に興味がある方は土佐清水鰹節水産加工協同組合までぜひご連絡を!
posted by まるきゅう at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事

2012年06月26日

宗田かつおのペットフード

本日、26日付の高知新聞に「(足摺沖一本釣り)宗田かつお」が掲載されました。

宗田かつおのペットフード

ペットライブラリー株式会社が販売者ですが、製造元は当社で中身は100%土佐清水産の笹目近を使用しています。

記事にもある通り笹目近を煮て燻製にしただけのシンプルな食品(骨はほぼ取り除いています)ですが、鼻の利くワンちゃんにはアピール力抜群! 
我が家で飼っていた愛犬ジョンも大好きでよくポリポリ、ガリガリと噛み砕いていました。
(写真の犬は宗田かつおを頬張る親戚の飼っているジンです)

宗田かつおにかじりつくジン

ペットショップやホームセンターにて販売していますので興味のある方はぜひ一度お試しください。
posted by まるきゅう at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事

2012年04月14日

第48回宗田節産地入札会

今年もはや4月13日の共販がやってきました。

共販の模様

細かな情報は新聞記事を参照ということで、直接関わる者として感想を。

まず、事前情報で出品数が少ないと分かっているにもかかわらず、例年通り全国各地の消費地から長時間かけて土佐清水市まで足を運んでくれた業者さんに感謝したい。

近年にない高値の平均落札価格となったことは、それだけ宗田節が必要とされていることだと思います。

不漁の要因は天候不順や黒潮の離岸、漁船の減少等いろいろありますが、これからも宗田節が魅力ある商品としてあり続けるために頑張っていきます。
posted by まるきゅう at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事

2011年12月22日

宗田節の新聞

「宗田節をもっと知ってもらいたい委員会」が発行した宗田節の新聞です。

イベントで配布したり小学校の食育の授業で使用していますが、分かりやすく良くできているので掲載させてもらいました。

写真をクリックすると拡大して見やすくなります。

宗田節の新聞一面

隅々までよ〜く見て下さい!

宗田節の新聞二面

宗田節をもっと知ってもらいたい!!
posted by まるきゅう at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事

2011年11月26日

宗田節の広告

本日の高知新聞、後ろから二枚目左下に宗田節の広告が載っています。

宗田節の広告
(文中の「ざまにダシがきいちょう=とてもダシがきいている」という意味です)

最近、高知県は宗田節のPRに力を入れており、朝夕の時間帯には宗田節のCMも流れています。
私はまだ見たことがありませんが、なかなか良い時間帯に流れているらしいので見た方も多いんではないでしょうか?

高知=鰹のイメージが強いですが、宗田節も日本一のシェアを誇る特産品。
まず、地元の方に知ってもらって県外、海外へとどんどん広めていきましょう!
posted by まるきゅう at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事

2011年01月12日

謹賀新年

少し遅いですが、明けましておめでとうございます。
今年も皆様に喜んでいただける商品を作っていきますので、よろしくお願いします。

昨年末頃、福田記者が取材に来られたときの記事が元旦の高知新聞に掲載されていて、正月早々ビックリしました。
仕事でずっとめぢかを扱っているとその時々の漁の有無や品質の良し悪しに目が行きがちですが、未来に向かって持続可能な地球環境という視点からの特集記事には考えさせられました。
(写真をクリックすると、字が読める程度に拡大します)
元旦の新聞記事
posted by まるきゅう at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事

2010年06月08日

めぢか一番火節

6月2日の高知新聞の夕刊にて、新谷商店の「めぢか一番火節」が掲載されました。
加治屋さんの文章と、西村謄写堂さんに作成してもらったパッケージとパネルのおかげか、これまでにない反響がありご注文とお問い合わせをいただきました。
近いうちにもうひとつの燻製商品の「ふか君じゃき」と共に、ホームページにアップする予定です。
めぢか一番火節の記事
posted by まるきゅう at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事