2021年06月30日

賞味期限変更のお知らせ

日頃より宗田節の新谷商店をご贔屓いただき誠にありがとうございます。
削り節をつくり始めてより賞味期限を5ヶ月としておりましたが、明日7/1製造分より6ヶ月に変更いたします。

賞味期限が変更となる商品は以下の通りです。
@卵かけご飯専用宗田節
Aうす削り
B厚削り
C粉末だし
D宗田節ぷらす

以前よりお客様のなかには1年分購入して使用しているという声をいただいていたり、他社は賞味期限1年としている削り節が多いですが、できるだけ美味しく食べてもらいたいという気持ちやあまり良くない保存環境を考慮して短めの賞味期限にしていました。
ですが今回のコロナ禍で食品廃棄が問題となったり、実際に賞味期限切れとして引き取った商品を食べてみて問題がないことを確認し、賞味期限を1ヶ月伸ばすことにしました。

削り節商品自体はこれまでと変わりなく製造していきますので、引き続きご愛顧いただければ幸いです。
posted by まるきゅう at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 新谷商店の商品

2021年06月24日

創業100年を迎えて

新谷商店は大正10年(1921年)に創業して今年(2021年)は創業100年目になります。
有限会社新谷商店となったのは2000年、私(重人)はその1年前から従事していますが、一つの区切りとして7/1に代表取締役に就任することになりました。創業から数えると四代目になりますが、節造りの伝統を守りつつ新たなチャレンジもしていきたいと思いますので引き続きよろしくお願いいたします。

会社の定款を変更するにあたり、土佐清水市中浜610番地という会社の住所も土佐清水市中浜592番地と変更することにしました。そもそも610番地というのは祖父の家の住所で今は空き家となっているため、工場のある家の方の592番地にした方が良いだろうという判断です。これでスマホやナビで610番地へ行ってしまう人が減れば幸いです。

業務連絡的になっていますが、創業100年を機にしたチャレンジが3つあります。
1つはすでに6/16に発売した「宗田節燻製クリスプ」の「ゆず塩味」と「生姜醤油味」の新商品です。秋ごろできる「梅味」とあわせ、これまでにない画期的な製法と味わいなので今後どうなるかは未知数ですが、節製品の新ジャンルとして認識されるくらいに頑張りたいと思っています。

2つめは100周年記念土佐手拭いの制作です。高知のテレビでもおなじみの「株式会社わらびの」畠中さんに頼んでいて渋いデザインになっていますので近々お披露目します。

3つめは7/24に中浜会館で開催するイベント。高知市内で大人気の料理屋「藁屋WARAYA」を営む笹さんに、宗田節をふんだんに使ったおいしい100周年記念弁当をつくってもらい販売します。
詳細はSNSを参考にしてください。

 6〜7月にかけて盛りだくさんですが、どれも当社だけでできるものではなくこれまでのつながりを元にした取り組みとなっています。宗田節も原魚から節となるまで、多くの人や会社の助けなしにはできません。当社が今年100年目を迎えることができたのも土佐清水市の素晴らしい人や環境があり、そこでつくったものを日本全国で売ってくれ買ってくれる人や会社があればこそです。

これまでの営業活動でどれくらい社会に還元できているか分かりませんが、これからもコロナに限らず厳しい情勢のなか、ひたむきに経営を続けることで社会に貢献できる会社でありたいと思います。

創業100年の新谷商店
posted by まるきゅう at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝えたい宗田節のだし文化